業界初のブロックチェーンを専門的・体系的に学ぶプログラミングスクール、「tech boost」は、コミュニティ経済圏の創出を目指す「fever」を利用し、独自トークンを発行してテクノロジーコミュニティとしての発展を試みると発表しました。

 

プログラミングスクール業界初のトークンエコノミー導入事例として、プレスリリース後注目を集めています。

 

この記事では、tech boostとは何か、feverとは何か、2つのサービスの共創によってどのようなことが起きるかということについて簡単に解説します。

 

プログラミングスキルを身につけよう/オススメのスクール

ブロックチェーン・トークンエコノミーに興味があるなら、革新的なプログラミングスクールtech boost

完全無料の転職向けプログラミングスクール、geek job

rails特化質の高い転職支援、ポテパンキャンプ

転職保証つき、web camp pro

転職保証つき、tech expert

tech boostとは?

tech boostとは、株式会社branding engineerが提供するテクノロジースクールです。

 

「業界初」のブロックチェーンを専門的・体系的に学べるプログラミングスクールである他、以下のような特徴があります。

 

  • AI、IoTなどのトレンド技術を学べる
  • 自分の作成したいオリジナルサービスをエンジニアのサポートの下作成できる
  • テクノロジーコミュニティとしての機能を重要視している

 

ただ、テクノロジーやプログラミングを学習するだけではなく、テクノロジーを拠点にしたコミュニティ・生態系を目指しているので、トークンエコノミーと非常に相性が良いです。

 

tech boostに関する詳しい情報はこちら

tech boost公式ホームページ

 

feverとは?

feverとは、「ここから始まる経済圏」という言葉を掲げているサービスです。

 

feverでは、コミュニティのコインを発行し、仲間や支援者を見つけながらサービスを作っていくことができます。

 

fever 公式ホームページ

 

tech boostへの独自コイン導入により何が起きるのか?

fever CEOのコメント

 

tech boostでのコミュニティ形成がうまくいけば、「全国に無数に存在するスクールや塾はもちろんのこと、あらゆる団体や企業でトークンエコノミーが活用できることの証明になる」と発言されています。

 

トークンエコノミーが実際に実用的であることの証明

「トークンエコノミー」というワードは現在、バズワード状態になっています。

 

トークンエコノミー、コミュニティ関連のサービスに期待が寄せられる一方、実際に機能するのか疑問視する声もあげられています。

 

テクノロジースクールであるtech boostがトークンエコノミーの実用化に成功すれば、教育領域へのトークンエコノミーへの応用、既存の組織へのトークンエコノミーの導入など様々な分野への導入が可能であると示すことができます。

 

tech boostとfeverの目的

tech boostとfeverのプレスリリースによると、

 

「tech boost」は通称”tbコイン”を発行することにより、これまで価値化できていなかったメンターや受講生の貢献を価値化し、コミュニティ内の活性化を促進していきます。具体的にはfeverのプラットホーム上で提供されているメンバー間でのコインの送り合い機能や、貢献度に応じたコインの配布機能を活用し、メンターや受講生へのインセンティブを付与していきます。そうすることで、一方的になりがちなスクールの形を、双方向のコミュニケーションによって学ぶ、プログラミング学習の新しい形を目指します。今回のfever導入はその足がかりとなります。
尚、「fever」はこれまで団体や企業合わせて約100団体のコイン発行サポートを行ってきた実績を元に、コイン発行・設計におけるサポート等も同時に行っていきます。

 

とのことです。

 

 

◯トークンエコノミー導入の目的

 

  • これまで価値化できなかったメンターや受講生のコミュニティへの貢献をtbコインにより価値化
  • コミュニティ内の活性促進
  • 一方的になりがちなスクールに双方向性を持たせる

 

◯feverの貢献

  • 100団体のコイン発行サポートを行ってきたことから、コイン発行・設計のサポートを行う

 

ということが、tech boostとfeverの目的です。

 

トークンエコノミーを形成する革新的なスクールで学んでみては?

プログラミングにもブロックチェーンにもトークンエコノミーにも興味があるという方は、tech boostで学んでみてはいかがでしょうか。

 

下のボタンから無料カウンセリングに申し込むことができます。

 

 

 

 

tech boostの解説記事一覧

 

おすすめの記事