急激な値上がりによって数々の「億り人」を生み出したビットコインは、法整備の進展によって一般投資家の投資対象としてだけでなく機関投資家の投機対象としても普及しつつあり、いっそうの注目を集めています。

 

銘柄や取引所の増加によって仮想通貨全体の人気が白熱し、現在では投機的な動きも確認されることから、ビットコインは「バブル」状態にあるとも言われることがあります。

 

一方、マウントゴックス事件やコインチェック事件など、セキュリティ上の欠陥を突いたトラブルも相次いでおり、せっかく投資した資産が危険に晒される恐れも浮上しました。

 

今回は、そんなビットコインの歴史を振り返り、コインの開発から価格の急騰まで、順を追って解説していきます。

 

ビットコイン誕生に携わった人々

 

ビットコインの歴史を考える上で、ビットコインの誕生に関わった人物について

 

ビットコイン創始者|サトシ・ナカモト

 

2008年秋、サトシ・ナカモトと名乗る人物が、技術者コミュニティのメーリングリストに「ビットコイン:P2P 電子マネーシステム」と題する、PDF10ページにも満たない論文を投稿しました。

 

ビットコインはインターネット上で流通する仮想通貨で、ブロックチェーンによる取引履歴の管理と、利用者によるマイニングによって信用が担保されるため、国家や中央銀行のような発行者が存在しないとされました。

 

この論文を読んだ一部のプログラマーは、「非中央集権的な通貨」という概念に強く賛同し、ビットコインの開発に有志で参加しました。

 

この結果、論文投稿からわずか3カ月の2009年初頭、ブロックチェーン初のブロックが公開されたのです。

 

現在、ビットコインは国際送金の手数料が安価である、世界共通通貨として使用できる、証拠金取引ができるなど、決済機能としての優位性に注目されています。

 

satoshi nakamotoが公開した原著論文はこちらから

 

ビットコイン開発関係者①|マルッティ・マルミ

 

ビットコインの共同開発者の1人であるマルッティ・マルミ(Martti Malmi)氏は、開発当時はプログラミングを学んだ程度の大学生で、開発の経験はなく、技術力に長けているわけではありませんでした。

 

しかし、ビットコインの仕組みや概念をよく理解している人物だったため、初期にビットコインのウェブサイトの管理を任されており、後にビットコイン・フォーラムを開設しました。

 

マルッティ・マルミ氏は、2018年よりAXEという新たな仮想通貨の開発を進めていることが明らかになっています。

 

AXE公式ホワイトペーパーはこちら

 

ビットコイン開発関係者②|ハル・フィニー

 

コンピュータ・サイエンティストであったハル・フィニー(Hal Finney)氏は、暗号技術に長けていたことから開発に参加し、2009年、初めてサトシ・ナカモトからビットコインを受け取りました。

 

ハル・フィニー氏は2014年に死去し、人体冷凍術の発展に貢献するため、遺体は冷凍保存されています。

 

ビットコイン開発関係者➂|ガービン・アンダーソン

 

ガービン・アンダーソン(Gavin Andresen)氏は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州を拠点とするソフトウェア開発者です。

 

当初は、3DグラフィックやVRソフトの開発に携わっていましたが、2010年よりビットコインの市場の製品開発に参加し、ビットコインネットワーク用のソフトウェア開発をリードしました。

 

サトシ・ナカモトの後任にも選ばれたことから、サトシ・ナカモトの正体ではと噂されましたが、本人は否定しています。

 

アンダーソン氏は、このほかビットコイン財団の設立も主導し、ビットコインへの多大な貢献に対してビットコイン財団から20万ドル相当の報酬を受けています。

 

年代別に振り返るビットコインの歴史

 

ビットコインの誕生からビットコインの価格がどう変化してきたのか、ビットコインの歴史とともに振り返リましょう。

 

下の図は、ビットコインの価格の変動の歴史を表したものです。

 

ビットコイン価格

 

2009年から、2018年までの重要な歴史のポイントと価格への影響を振り返りましょう。

 

bitcoin日本語情報サイトを元に、ビットコインの歴史上重要な出来事をまとめなおしました。

 

ビットコイン価格は、該当する日の終値をさしています。

 

(参照:https://jpbitcoin.com/about/history_price)

 

2009年のビットコインの歴史

 

2009年は、ビットコインが誕生した年でもあり、一言で表すならば、「全てが始まった年」と言えるでしょう。

 

  • 2009/01/03:ビットコインの最初のブロックが誕生 (ビットコイン価格:0JPY)

 

  • 2009/01/12:最初のビットコイン取引が行われる (ビットコイン価格:0JPY)

 

  • 2009/10/12:ビットコインと法定通貨間の交換が世界で初めて行われる (ビットコイン価格:0.09JPY)

 

2010年のビットコインの歴史

 

2010年は、ビットコイン初の実用事例や、のちに世界最大のビットコイン取引所となるMt.GOXの誕生、マイングプールによる初めてのビットコインマイニングなど「ビットコイン普及の基礎が整い始めた年」と言えます。

 

  • 2010/05/22:世界初のビットコインによる実店舗決済(ビットコイン価格:0.2JPY)

 

  • 2010/07/18:ビットコイン取引所Mt.GOX誕生(ビットコイン価格:7JPY)

 

  • 2010/09/18:マイニングプール(Slush's pool)による採掘に初めて成功する(ビットコイン価格:5JPY)

 

2011年のビットコインの歴史

 

  • 2011/03/06:Mt.Goxが日本法人に買収される(ビットコイン価格:74JPY)

 

  • 2011/04/16:TIME誌がビットコインを特集、大手メディアによる世界初の特集(ビットコイン価格:87JPY)

 

  • 2011/06/12:最初のビットコインバブル、一時31.91ドルに(ビットコイン価格:1489JPY)

 

  • 2011/06/19:Mt.Goxがハッキング被害を受ける、ビットコインの価格の大幅下落(ビットコイン価格:1401JPY)

 

2012年のビットコインの歴史

 

  • 2012/11/28:ビットコイン最初の半減期、報酬が50BTCから25BTCへ(ビットコイン価格:1013JPY)

 

2013年のビットコインの歴史

 

  • 2013/03/11:ビットコインのバグによりブロックチェーンの分岐が発生 (ビットコイン価格:4736JPY)

 

  • 2013/03/16:キプロス危機によりユーロの信用が低下し、ビットコイン価格が上昇 (ビットコイン価格:4597JPY)

 

  • 2013/03/19:カリフォルニア州サンディエゴで世界初のビットコインATMがサービス開始 (ビットコイン価格:5718JPY)

 

  • 2013/12/05:ビットコインが史上最高価格をつける (ビットコイン価格:110,000JPY)

 

  • 2013/12/05:中国政府が金融機関によるビットコイン取引を禁止

→これ以降ビットコイン価格の大幅下落 (ビットコイン価格:110,000JPY)

 

2014年のビットコインの歴史

 

  • 2014/02/24:Mt.Goxが閉鎖(ビットコイン価格:18,280JPY)

 

  • 2014/04/01:Zaifの前身であるetwingsがサービス開始(ビットコイン価格:49,614JPY)

 

  • 2014/04/09:BtcBoxがサービス開始(ビットコイン価格:44,887JPY)

 

  • 2014/05/26:bitFlyerがサービス開始(ビットコイン価格:59,294JPY)

 

  • 2014/06/18:bitbankがサービス開始(ビットコイン価格:61,649JPY)

 

  • 2014/06/30:Quoineがサービス開始(ビットコイン価格:64,774JPY)

 

  • 2014/07/18:米Dell社がビットコイン決済を受付開始(ビットコイン価格:63,670JPY)

 

  • 2014/09/19:coincheckがサービス開始(ビットコイン価格:42,710JPY)

 

  • 2014/10/30:Krakenが日本円でのサービス開始(ビットコイン価格:37,534JPY)

 

  • 2014/12/11:米Microsoft社がビットコイン決済を受付開始(ビットコイン価格:41,180JPY)

 

2015年のビットコインの歴史

 

  • 2015/01/04:Bitstampがハッキング被害を受ける(ビットコイン価格:31,749JPY)

 

  • 2015/06/03:ニューヨーク州のビットコイン規制「BitLicense」が正式発表(ビットコイン価格:28,027JPY)

 

  • 2015/08/01:Mt.Goxの経営者Mark Karpelesが逮捕(ビットコイン価格:34,603JPY)

 

  • 2015/08/15:ビットコインのフォーク版であるBitcoin XTがリリース(ビットコイン価格:33,277JPY)

 

  • 2015/12/23:ビットコインのフォーク版であるBitcoin Unlimitedがリリース(ビットコイン価格:53,322JPY)

 

2016年のビットコインの歴史

 

  • 2016/02/10:ビットコインのフォーク版であるBitcoin Classicがリリース(ビットコイン価格:44,946JPY)

 

  • 2016/03/01:DMM.comでビットコイン決済を受付開始(ビットコイン価格:49,602JPY)

 

  • 2016/07/09:ビットコインマイニング報酬の2回目の半減期で報酬が25BTCから12.5BTCへ(ビットコイン価格:66,794JPY)

 

  • 2016/08/02:Bitfinexがハッキング被害を受ける(ビットコイン価格:61,296JPY)

 

2017年のビットコインの歴史

 

  • 2017/01/05:ビットコインが2013年以来の史上最高価格をつける(ビットコイン価格:110,986JPY) 

 

 

  • 2017/03/10:ビットコインがドルベースで2013年以来の史上最高価格をつける(ビットコイン価格:145,790JPY)

 

 

  • 2017/04/01:ビットコインを初めて法律内で規定する改正資金決済法等が施行(ビットコイン価格:121,628JPY)

 

 

  • 2017/05/31:GMOコインがサービス開始(ビットコイン価格:267,284JPY)

 

 

  • 2017/08/01:ビットコインのブロックチェーンが分裂し新たにBitcoin Cashが誕生(ビットコイン価格:298,849JPY)

 

 

  • 2017/08/24 :SegWitが有効化(ビットコイン価格:463,318JPY)

 

 

  • 2017/12/08:ビットコインが一時史上最高価格をつける(ビットコイン価格:1,942,438JPY)

 

 

  • 2017/12/17:CMEでビットコイン先物取引がスタート(ビットコイン価格:2,227,388JPY)

 

 

2018年のビットコインの歴史

 

  • 2018/01/11:DMM Bitcoinがサービス開始(ビットコイン価格:1,766,376JPY)

 

 

  • 2018/01/26: Coincheckがハッキング被害を受ける(ビットコイン価格:1,154,260JPY)

 

 

  • 2018/01/30:韓国で仮想通貨取引規制が導入(ビットコイン価格:1,147,903JPY)

 

以後、追記していきます。

 

ビットコイン取引の変遷

 

ビットコインの普及に伴い、取引所も増加してきました。

 

国内では20社以上が、「仮想通貨交換業者」として金融庁から許可を得て業務を行っています。

 

そんな中、一部の投資家からOTC取引と呼ばれる方法が注目されています。

 

OTC取引

 

OTCとはOver The Counterの略語で、日本語だと「相対取引」や「店頭取引」という意味になります。

 

もともとは、証券取引所を介さずに証券会社の店頭で行われる証券取引のことを指していましたが、仮想通貨取引所を介さずに投資家同士で行われる直接取引にも転用されるようになりました。

 

このOTC取引は、2017年以来オンライン取引所のハッキング被害が目に余ることから、リスクを避けたい大手投資家に人気を博しています。

 

OTC取引のメリットとして、

 

  • 大口取引がしやすい
  • 売買時の効率が良い
  • 有事に取引できる
  • 取引が簡易である

 

などが挙げられます。

 

一方、デメリットとしては、

 

  • 取引所よりレートが悪い
  • スプレッドが広い
  • 信用が担保されない

 

などが挙げられます。

 

資金洗浄に不正盗用されるリスクもあるため、OTC取引をするメリットがあるのは1億円を超えるような大口取引をする場合に限られますが、取引所が規制された中国のような地域ではOTC取引の需要は高いです。

ビットコイン市場の今後

 

ビットコインの急速な価格高騰に対して、「バブル」や「投機的」だとする意見もありますが、仮想通貨の本質的な価値に注目すれば、仮想通貨市場の盛り上がりを悲観視する必要はないでしょう。

 

加えて、仮想通貨が普及するためには、「投機」の対象として売買対象になることで、仮想通貨の流動性を上げることが必要だったと言えます。

 

今後は機関投資家がビットコイン市場に参入すると見込まれており、いよいよ価格の変動は読みにくくなりますが、本質的な価値のあるビットコインは日々進化を続けて日常生活に溶け込んでいくことでしょう。

 

 

 

おすすめの記事