coincheck事件の際に流出した仮想通貨がNEM(ネム)だったことから、NEMの運営や普及を行う非営利団体である、NEM財団の名前も一躍有名になりました。

 

coincheck事件による事態の収束のため、NEM財団が日々奮闘しているというニュースが報じられていました。

 

NEM財団という謎多き団体は一体なんなのでしょうか?

 

NEM財団は普段どのようなことをしていてどのような人が所属しているのでしょうか?

 

NEM財団とcoincheckの関係は?

 

など、様々な面から、NEM財団に関して徹底解説します。

 

NEM財団(ネム財団)とは?

 

NEM財団とは、仮想通貨NEM(ネム)の普及及び、NEMによって作られる経済圏の創出を目的とした財団です。

 

NEMという名前は、「New Economy Movement(新たな経済活動)」の頭文字をとって命名されています。

 

金銭的な自由や分散化、平等などに基づき、新しい経済の形を生み出すことを模索しているプロジェクトです。

 

2017年3月にシンガポールで設立されました。

 

株式会社などの会社組織が、営利目的の法人であるのに対して、財団法人は、一定の目的のために財産を集め、運用し、運用益によって活動している集団と位置付けられています。

 

ちなみに、仮想通貨の中でもトップクラスの知名度を誇るイーサリアムも、財団として運用されています。

 

NEM財団(ネム財団)は何をしているの?

 

NEM財団は、主に、NEMを世界中に普及させることを目的に運営されています。

 

世界中の様々な企業と連携することによってNEM経済圏の拡大を測っています。

 

公式ホームページによると、

 

「財団の主目的は、NEMの技術を、産業、学問、行政に普及させること」とあります。

The main goals of the foundation are to promote the use of the NEM technology to the industries, academia, and governments.

また、NEMの普及活動だけではなく、
  • NEMのブロックチェーンの開発、運用
  • NEMに対する不正の監視

 

などの役割も担っています。

 

NEMの普及とNEMによって作られるより良い世界のためにあらゆることをやっているのがNEM財団です。

NEM財団(ネム財団)のメンバー構成

 

NEM財団のメンバーは、創立メンバー4人と、理事7人で構成されています。

 

nem財団創業メンバーnem財団理事

 

NEM財団理事に日本人も?

 

NEM財団では、朝山貴生さんという日本人も理事として活躍しています。

 

朝山貴生さんは、

 

  • ICOプラットフォームである「COMSA」
  • 仮想通貨取引所である「zaif」
  • ブロックチェーンプラットフォームである「mijin」

 

など、幅広く仮想通貨・ブロックチェーンサービスを展開する「テックビューロ」の代表でもあります。

 

テックビューロの「mijin」はNEMのブロックチェーン技術を活用しており、NEMの普及に一役買っているようです。

NEM財団(ネム財団)とcoincheckの関係

 

NEM財団は、coincheck事件の事態収束に尽力

 

coincheck事件では、480億円相当のNEMが流出したことから、NEMの普及活動を行うNEM財団も事態の収束に努めました。

 

coincheck事件の原因は、NEM自体にあるのではなく、coincheckのセキュリティが原因だったのですが、NEMのセキュリティに関する風評被害も少なからずあったようです。

 

NEM財団の代表もtwitter上にて、

 

「コインチェックがハッキングを受けたのは残念だが、コインチェックを助けられるようにベストを尽くす」という趣旨の発言をしています。

 

 

NEM財団は、ハードフォークには応じず

 

coincheckは、NEMの流出事件後、NEMのブロックチェーンを、coincheckのハッキング前の状態に戻して欲しいと申請しましたが、NEM財団は却下したようです。

 

あくまでもハッキングの事態収束には尽力するが、責任はあくまでもcoincheck側にあるという判断だったようです。

 

NEM財団は、coincheckのためだけにNEMのルールを変えてしまうハードフォークを行うには至りませんでした。

 

NEM財団はcoincheck事件の解決には至らなかった

 

NEM財団は盗まれたNEMに目印をつけることによって、盗まれたNEMの流れを追跡しようとしましたが失敗に終わりました。

 

NEM財団は、coincheck事件の解決や、ハッカーによって盗まれたNEMの回収に尽力しようとしましたが、結局、盗まれたNEMの回収には至らず、途中で解決へのアプローチを打ち切ってしまいました。

 

それゆえに、NEM財団の対応を「無能」と評価する声もネット上では見受けられます。

 

NEM財団(ネム財団)とzaifの関係

 

zaifを運営するテックビューロ社の代表である朝山氏がNEM財団の理事であることから、zaifとNEM財団の関係は非常に深いと言えます。

 

「カタパルト」と呼ばれる、処理能力を飛躍的に向上させるアップデートも、本家のNEMに先立って、テックビューロ社の提供する「mijin」で実装されています。

 

NEM財団(ネム財団)の公式情報まとめ

 

nem財団に関してもっと詳しく知りたい方は、nem財団の公式ホームページをご参照ください。

 

nem財団の最新情報を発信するtwitterはありませんが、nem財団理事の朝山氏やLon氏のtwitterをフォローしておくと、nem財団の最新情報をチェックすることができます。

 

nemやnem財団は、動きが早いので、最新情報を見逃さないように注意してください。

 

 

 

 

おすすめの記事