「起業したいけど、プログラミングができないからサービスを作れない」

 

「起業したいけど、エンジニアを雇えばいいのか、自分でプログラミングができるようになった方がいいのかわからない」

 

というように、起業とプログラミングスキルの関係性は非常によく話題になります。

 

この記事では、「プログラミングができると起業したい人にとってどのようなメリットになるか」「なぜ起業したい人がプログラミングを学ぶべきなのか」徹底解説します。

 

プログラミングは未経験だけど、作りたいサービスがあるor起業したいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

起業とは言っても、特にIT系で起業したい方向けに書いています。

 

IT系以外の方にはあまり参考にならないかもしれませんがご了承ください。

 

起業したい人がプログラミングを学ぶべき理由

 

自分でサービスが作れるということの強み

 

プログラミング未経験の方、プログラミング初心者の方が起業しようとしたときに必ず当たる壁が、「サービスを誰に作ってもらうか」ということです。

 

知り合いのエンジニアに頼むか、それとも外注するか迷いどころだとは思いますが、実際に本リリースまで自分でやるのはきついとはいえ、プロトタイプぐらいは自分でプログラミングできた方がいいです。

 

そもそも、自分が今考えているサービスが、実際に作って出しさえすれば、市場に受け入れられるか、マーケットにフィトするのか本当のところは実際にリリースして反応を見てみないとわかりません。

 

もし自分が今考えているサービスが外れてしまったら、マーケットにフィットするまで新しいサービスを作り続けないといけません

 

マーケットにフィットするサービスができるまで、どんなにセンスのいい起業家でも複数個のサービスを作っては潰して、作っては潰してを繰り返していると言われています。

 

プログラミング未経験で起業しようと考えている方は、自分で頭の中にあるサービスを実際に形にする能力があると、複数個のサービスを実際に作ってリリースして、反応が良いものに絞るという戦い方ができるので非常に有利です。

 

プログラミング未経験のまま起業して、サービスを複数個エンジニアに作ってもらおうとすると、それだけでも相当の費用が取られてしまいます。

 

ものにもよりますが、普通にサービスを外注しようとすると、1つあたり数十万から数百万してしまいますので、自己投資と考えて、プログラミング未経験の方は起業する前にプログラミングを学習してプロダクトを量産する能力を身につけるべきです。

 

エンジニアを採用する時の強み

 

実際に、起業すると、自分自身でプログラミングしたり、プロダクトを作るよりも、自分よりプログラミングができる人に任せた方がいいと考えるようになるかもしれません。

 

そこで重要になってくるのが「エンジニアの採用」という問題です。

 

もし仮に、自分がプログラミング未経験で起業していた場合、「どのようなエンジニアを雇えば良いのか」「このエンジニアのレベルはどのくらいのレベルなのか」見極めることができないので、結果的に、スキルの低いエンジニアを採用してしまったり、エンジニアというだけで全く関係のないスキルを持つ人を採用してしまったりします。

 

自分自身にプログラミングスキルがあれば、採用しようとしているエンジニアが実際に作ったプロダクトや、ソースコードを見るとエンジニアのレベル感がわかるので、自分でプログラミングができるということは、エンジニアの採用面での強みとなります。

 

 

資金調達の際の強み

 

社会人経験があり、ある程度貯蓄がある方は自己資本で起業すれば大丈夫かもしれませんが、学生が起業する場合、VC(ベンチャーキャピタル)などから資金調達を行う必要性があるかもしれません。

 

ビジネス経験の浅い学生に投資することを考えると、自分をアピールするポイントとして、サービスを外注せずに自分で生み出せる力というのは非常に強いアピールポイントとなります。

 

プログラミング未経験で起業することのリスク3選

 

プログラミング未経験で起業することのリスク1 | 自分の思い描いたプロダクトとの乖離

 

プログラミング未経験で、プログラミングのことが何もわからないまま起業しようとすると、自分のアイディアを他人であるエンジニアに伝えて実際にサービスとして形にしてもらわなければなりません。

 

自分の頭の中にイメージしているものを他人に全く同じように正確に伝えることは非常に難しく、プログラミング未経験の方が起業してサービスを作ろうとすると、自分の思い描いたプロダクトと、実際にエンジニアが作るプロダクトに大きなズレが生じる可能性があります。

 

プログラミング未経験で起業することのリスク2 | 出費が大きくなり経営の首をしめる

 

プログラミング未経験で起業するとなると、エンジニアを採用するか、エンジニアにサービスの製作を外注する必要性があります。

 

前述した通り、サービスがマーケットにフィットするまで、サービスを複数個作らないといけない可能性もあるので、ひたすら外注を続けると、経営の首を閉める原因にもなりかねません。

 

プログラミング未経験で起業することのリスク3 | エンジニアの採用に苦労する

 

プログラミング未経験で起業すると、エンジニアを採用するときに苦労します。

 

自分が採用を検討しようとしているエンジニアが、「どのようなレベルなのか」「どんなことができるのか」検討がつかないからです。

 

逆にエンジニア側から見ても、プログラミングのことを一切わかっていない人から採用されると、普通だったら説明すら入らないようなことまで説明したり、実際にサービスを開発する前のイメージのすり合わせに手間取るなど、一緒に働きたくないと思われてしまうかもしれません。

起業したい人がtech boostに今すぐ通うべき理由

 

プロトタイプ作成のサポートが受けられる

 

tech boost(テックブースト)では、独自カリキュラムでプログラミングの基礎を学習した後、自分の作りたいサービスを現役のエンジニアの指導の元作成することができます。

 

プログラミング未経験の人でも、3ヶ月みっちりプログラミングの学習をやり込めば、3ヶ月後には自分の力でゼロからサービスを開発する能力もつきますし、投資家へのプレゼンに使えるプロトタイプは完成している状態になっています。

 

充実したtech boost生徒同士のコミュニティ

 

tech boostでは、毎月、tech boostの入学生と卒業生を交えた懇親会を行なっています。

 

起業するためにプログラミングを学習しに来ている方も多数いらっしゃるようで、一緒にサービスを開発する仲間や、一緒に将来起業する仲間が見つかるかもしれません。

 

 

tech boostと起業家、投資家とのコミュニティ

 

tech boostの運営会社Branding Engineerは、著名投資家や起業家を多数招いたイベントを頻繁に開催しています。

 

自社のイベントスペースに、著名投資家や起業家が出入りしているコミュニティは起業したい方にとって非常に有益だと思います。

 

プログラミングができる大物起業家をご紹介します

 

プログラミングができる国内起業家

最近話題のメルカリの山田さん、天才と呼ばれるホリエモンなどなど....プログラミングスキルを起業に活かして大成功を納めた起業家たちをご紹介します。

 

プログラミングができる海外起業家

ビルゲイツ、マークザカーバーグなど、誰でも知っているIT企業の巨人たちは、どのようにプログラミングを起業に活かしてきたのでしょうか。

 

 

tech boost無料カウンセリングで、具体的な相談をしてみよう

tech boost無料カウンセリングでは、具体的に「プログラミングを起業にどう活かすか」「一人一人にあった学習プラン」「具体的な学習の進め方」などなど一人一人にあったカウンセリングをしてもらえます。

 

プログラミング未経験から起業しようと思っている方はぜひtech boost無料カウンセリングへ!

おすすめの記事