仮想通貨IOTA(アイオタ)とは

ブロックチェーンを使用せず、ブロックチェーンを超えると言われている技術であるDAG(ダグ)を利用した仮想通貨IOTA(アイオタ)は、近年話題のIoTにおける少額決済のために作られた仮想通貨です。

 

近年のIoTの拡大、ブロックチェーンを使用することに際して生じる問題の解決、大手企業との提携などの影響で、急激な値上がりを見せたことでも話題になりました。

 

この記事では仮想通貨IOTA(アイオタ)の特徴や将来性、値動き、取り扱いしている取引所、購入方法など、仮想通貨IOTA(アイオタ)に関する情報を網羅的にご紹介します。

仮想通貨IOTA(アイオタ)の特徴

 

ブロックチェーンではなくDAG(ダグ)を使用

仮想通貨IOTA(アイオタ)は、一般的な仮想通貨の根本技術であるブロックチェーンを使わずDAG(ダグ)という技術を用いています。

 

ブロックチェーンを使って作られた仮想通貨の中には、ビットコインを代表するように、ブロックチェーン特有の問題(スケーラビリティ問題)が発生します。

 

IOTA(アイオタ)は、Tangle(タングル)というDAG(ダグ)を用いて作られた独自技術を元に、ブロックチェーン特有の問題を解消する仮想通貨を目指しています。

 

ブロックチェーンを超える可能性をひめた技術DAG(ダグ)に関して詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。

 

 

IoTデバイス間の少額決済に最適化されている

 

現在の世界に大きな影響を及ぼすものとして、ブロックチェーンと共に、「IoT」や「人工知能」が挙げられます。IOTA(アイオタ)は、IoT機器間でのマイクロペイメント(少額決済)を行えるように作られています。

 

IoT決済面での最適化だけでなく、IoTデバイスで取得したデータを安全に送受信することができるような仕組みも、IOTA(アイオタ)は提供しています。

 

IOTA(アイオタ)がIoTに最適化されているということをわかりやすく説明します。

 

IoTとは

IoTとは、Internet of thingsの略で、日本語では、「モノのインターネット化」と訳されています。

 

現在、インターネットに接続されているものは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器がメインになっていますが、現在イントーネットに接続されていない全てのモノをインターネット上に接続しようという考え方です。

 

決済面での最適化

IOTA(アイオタ)は、送金手数料無しに送金が可能であり、送金手数料が無料であるゆえに少額決済(マイクロペイメント)に最適化された仮想通貨です。

 

IoTのデバイス間で、仮想通貨決済を行おうとすると、従来の仮想通貨では、

 

  • 決済処理に時間がかかる
  • 処理できるデータの量が限られる
  • 決済処理に大きな割合の手数料がかかる

 

などといった問題点が指摘されてました。

 

(これらの問題点に関してもっと詳しく知りたい方はこちら)

スケーラビリティ問題

 

特に、手数料の問題に関しては、少額の決済にもかかわらず割合の高い手数料が上乗せされてしまい、結果的に割高の料金を払わなければならないため、従来の仮想通貨では、少額決済(マイクロマイクロペイメント)には不向きでした。

 

これらのIoTデバイス間決済の問題を解消し、IoTに最適化された仮想通貨決済を実現しようとしているのが、IOTA(アイオタ)です。

 

セキュリティ面での最適化

IOTA(アイオタ)がIoTに特化されている点は、IoTデバイス間での少額決済だけではありません。

 

IOTA(アイオタ)は、IoTデバイス間でのデータのやり取りをセキュアに行うということも可能にします。

 

従来のIoTでは、IoTデバイス間で送信されるデータの不正送信、改ざん、攻撃が問題視されていましたが、IOTAのTangleを等してデータを送受信することによって、セキュリティが高く安全で、データの信頼性が高いIoTネットワークの実現を可能にします。

量子コンピューターに対する耐性

従来のブロックチェーンでは、量子コンピューターに対する耐性が疑問視されていました。

 

IoTは、電子署名を工夫することによって量子コンピューターに対する耐性のある仮想通貨だと言われています。

 

ここの議論は専門的で理解するのが少し難しいため、詳しく知りたい方はこちらのスライドを参照してください。

 

IOTAの量子コンピューター耐性

仮想通貨IOTA(アイオタ)の将来性

大手企業、国、国連との提携

IOTA(アイオタ)は、高い将来性を理由にして、国内外の超大手企業や、国際機関、国との提携、連携を進めています。

 

ビジョンや構想だけで終わらず、実際に、信頼性の高いところと提携を進めている、ということが将来性の高さを示しています。

 

早速、IOTAがそのようなところと提携していて、どのようなサービスや構想を描いているのか具体的に見ていきましょう。

 

具体例を見ていくことで、IOTA(アイオタ)の将来性のイメージがつきやすくなります。

 

富士通との提携

  • IOTAでサプラーチェーン管理システム

 富士通はハノーバーメッセ2018(2018年4月23~27日、ドイツ・ハノーバーメッセ)に出展。インテリジェントダッシュボードやビジュアルラインなど工場向けのソリューションを紹介した他、新たにIoT向けの仮想通貨技術「IOTA(アイオータ)」を活用したサプライチェーン管理システムのデモを披露し、大きな注目を集めた。

 

  • 富士通が語るIOTAの利点

「ブロックチェーン技術は分散型台帳システムとして優れたシステムだが、データ転送に手数料が発生する他、スケーラビリティなどにも課題を抱える。IOTAはIoTデバイス向けの分散型台帳システムであるため、情報伝送コストが不要である他、スケーラビリティなどで利点を持つ。さらに軽量で安全なデータ伝送が可能であり、製造業でもさまざまな応用が可能だ」

国連との提携

  • IOTA(アイオタ)との協業で国連の業務高速化

IOTAは今回の協力関係で、UNOPS向けの分散型台帳を開発する。この台帳は国連の書類、供給チェーンおよび取引決済をリアルタイムに管理、追跡する際に、これまで以上に大きな効率レベルを提供するという。

 

フォルクスワーゲンとの提携

  • 自動車の実証実験に活用

IOTAとフォルクスワーゲン

 

フォルクスワーゲンのビジョンにおけるタングルの使用目的は、自社で開発中のスマートカー経済圏でデータを安全に無線で配信することにある。業界の専門家は20年までには2億5千万台のコネクテッドカーが路上を走ることになり、頻繁な遠隔ソフトウェアアップデートや大規模な透明性の高いデータアクセスへの需要が高まるだろうと予測している。

台湾との提携

  • IoT化によるスマートシティの構築

皮切りとなるプロジェクトは IOTA の TangleID 技術を基にしたデジタル身分証明書システムの導入である。台北市のイニシアティブ「Smart City Living Lab(台北智慧城市專案弁公室)」は実証実験の段階に入っており、市はなりすましや不正選挙から市民を守るよう設計された新たな身分証明書システムである「Digital Citizen Card(数字公民卡)」を間もなく展開する予定。やがてはこの身分証明書システムが病歴を辿るというような他の公共サービス分野でも使われるようになる可能性もある。

スケーラビリティ問題の解決策としての評価

仮想通貨の代表格として有名なビットコインなどでは、スケーラビリティに関する問題が叫ばれており、様々な角度からスケーラビリティの問題を解消しようとする動きが出てきています。

 

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題の解決手段の1つとしてのIOTA(アイオタ)は、注目を浴びています。

IoTの発展との相乗効果

IOTA(アイオタ)は、IoT技術が世の中に浸透していることをサポートするプラットフォームです。

 

これから、あらゆるモノがインターネット環境に接続されていくという流れは変わらないものですので、世界的なIot化が進むと共に、IOTA(アイオタ)の重要性、注目度も飛躍的に向上していくと考えられます。

仮想通貨IOTA(アイオタ)の不安なところ

新しすぎるため、安全性の検証が不十分?

仮想通貨の代表格であるビットコインなどと比較した場合、まだまだ、IOTA(アイオタ)の歴史は浅く、セキュリティに関するあらゆる角度からの検証が完璧だとは言い切れません。

 

これから実用化が進んでいく中で、思いもしなかったセキュリティの衰弱性が指摘される可能性が浮上してくるかもしれません。

仮想通貨IOTA(アイオタ)の価格チャート解説

coming soon....

仮想通貨IOTA(アイオタ)が購入できる取引所、購入方法

ビットコインやイーサリアムを持っていない人はまず、国内取引所で購入

国内の取引所で、日本円建てで購入できる仮想通貨は数が限られてきます。

 

海外取引所でしか取り扱いされていない仮想通貨を購入する場合には、ビットコインやイーサリアムなどの別の仮想通貨建てで購入する必要性があります。

 

まだ、何も仮想通貨を持っていない人は、早急に、ビットコインかイーサリアムを入手することをオススメします。

IOTA(アイオタ)が購入できる国内取引所

IOTA(アイオタ)を取り扱っている国内取引所は現時点ではありません。IOTA(アイオタ)は、非常に話題性の強く、将来性のある仮想通貨であるため、今後国内の取引所で購入できるようになる可能性は大いにあります。

IOTA(アイオタ)が購入できる海外取引所

IOTA(アイオタ)の取り扱いがある海外の主要取引所は

  • BINANCE(バイナンス)
  • Bitfinex(ビットフィネックス)

などがあります。

 

すでにビットコインやイーサリアムを持っている方は、海外取引所に送ってからIOTA(アイオタ)を購入しましょう。

 

 

 

仮想通貨IOTA(アイオタ)の保管方法/公式wallet

IOTA(アイオタ)には公式walletが用意されています。

 

購入したIOTA(アイオタ)を安全に保管するためにも、公式walletを活用してみましょう。

 

仮想通貨IOTA(アイオタ)の公式情報/詳細ページ

おすすめの記事